そうだ! サイド7に土地を買おう!

今回は、次期ギレンの野望の新しいアイデア提案ではなく、新しいガンダムビジネスを版権元様へ提案してみたいと思います。(素人考えなのでお手柔らかにお願いいたします。)

『ギレニストの雑談掲示板』で、いつも素晴らしいアイデアを提供くださる、ハーフライフさんとアイデア雑談をしている時にふと思いついたアイデアを、よくよく考えたら「これ、化けると良いビジネスになるんじゃないかな?」と思いたち、少しまとめてみました。
あくまでも素人考えなので、穴あきまくりではあると思いますが、「たたき台」的立ち位置と思っていただけるとありがたいです。(要はプロトタイプ・アイデアとでも申しましょうか・・発展して改良して、実用化に繋げられると良いなと・・。)


"月の土地を売る"ガンダム板
ご存知の方もおられるかと思いますが、現実の世界では「月の土地を売る」商売が存在します。

→ルナ・エナジー社(日本支店)

月の土地


よく思いつきましたね。こんなビジネス。。まさに発想の転換。これの『ガンダム板』みたいな感じのビジネスが出来ないかと思った次第です。(私がこのビジネスを立ち上げるという意味ではなく、もちろんガンダム版権を持っている会社がですが。)

ではまず、ガンダム版権はどこが持っているのか? 今更かもですが、調べてみました。


・バンダイ=プラモデルやゲーム等の制作→出資(初代では途中で版権買取を実施)
・創通=広告代理店→版権管理
・サンライズ=アニメ制作会社→著作者


すべてバンダイナムコホールディングス傘下の会社になります。傘下のグループ会社ですが、正確には同じ会社ではありません。ただ、バンダイナムコホールディングスの意向に左右されますので、同じ会社と表現する人も居るかもしれません。とのこと。(間違っていたら私のリサーチ不足です。すみません。)

つまり、バンダイナムコホールディングスが全てのガンダム版権を持ってると思って良いのでしょう。

ここから本題
さて"月の土地を売る"会社が存在しているのは前述しました。これを、空想のガンダム世界に当てはめてはどうか?と思ったしだいです。つまり、"サイド7の土地を売る"と。。もっと細かく表現すると、サイドは1~8?まであり、各サイドにはバンチが1~?あります。サイド7は有名な1stガンダム1話でザクvsガンダムの舞台となった、1バンチ→後にグリーン・ノア1。とグリーン・ノア2=グリプスがありますね。各バンチには、1,000万人~3,600万人(諸説有り)の人類が生活しているとあります。仮にサイド7・1バンチには約1,000万人が暮らしていると仮定しましょう。そのバンチ番地として、現実世界の我々一般人に、架空の土地を販売する。といったアイデアであります。

前述した「月の土地」の価格は、約1エーカー(1224坪)=2,700円~販売しています。実際にいくらで販売するかについては、損益分岐点や原価計算が必要になりますので、ここでは割愛します。


販売元のメリット
ずばり、架空の土地でボロ儲け(笑) これに尽きるでしょう。ざっと計算してみてください。購入するガンオタが10万人いたとします。(ガンダムエース発行部数=約10万冊, 新ギレンの野望販売本数=約11万本から算出) Aプラン=2,700円とします。「土地権利書」「カード・名刺?」などのアイテム代(原価)が仮に700円とします。2,000円の粗利益。
2,000円×100,000人=
2億円!  もちろん、ザル勘定です。(笑) 
プランはA~Dくらいは用意したいところです。一人で土地を買い占める(苦笑) 生粋のガンオタも現れることでしょう。宣伝やプラン次第で10億超えも有りうるかも!?

Aプラン・・・土地権利書+カード・名刺・・・2,700円
Bプラン・・・上記権利+(カード・名刺の色が白→金銀になる とか)・・・3,500円
Cプラン・・・上記権利+特定の店を出す権利とかetc・・・4,500円


値段は適当です。サイド7でハンバーガ屋を開きたい人は、上記Cプランを購入して、店の命名権も得るとか。。(ここで、あまりにもガンダム世界観に合わない名前は当然弾かれます。アッシマー・バーガーはOK! )

購入者のメリット
ずばり、自己満足ですね。(笑) 友達に自慢できる!

Aさん「俺、サイド3に土地と家もってんだぁ~」
Bさん「マジで!?」
Cさん「俺なんて、アムロと同じ地区でご近所の土地もってるんだぜぇ~!」
AさんBさんエッ(゚Д゚≡゚Д゚;)マヂ?

更には、他のガンダム作品で、自分の家や店が登場するかもしれない! もっと進むと、VRゲームでサイドを再現する時代になった時、自分の土地・家・店が登場する! などの楽しみができるかもです。土地の権利書やカード・名刺など、アイテムとしても面白いんじゃないかなと思ったりします。

サイド7のお家



追伸
我ながら、なかなか良いアイデアだったのではないかと思いたち、版権元さんへ具申してみよう! と柄にもなく思いまして(笑) ちとバンナムさんのホームページの「お問い合わせ」フォームへ行ってみました。が、しかし。。。


聞く耳持たず


私としては、このアイデアでお金をとろうなどとは、もちろん1mmも思っておらず、只々、ガンダムコンテンツが永遠に続きますように、収入源の一つとして具申させていただきたかっただけなのですが。。。
「一般人のしょーもないアイデアなど、イチイチ聞いてられるか!」
「そんなアイデア、我々はとっくに思いついてんだよ!」

と言われているようなもの。。
少なくとも私は他人のアイデアを聞くのが大好きで、その会話の中から新しいアイデアは生まれると信じているタイプでしたので、このメーカーの聞く耳持たずな姿勢がすごく残念に思いましたね。。なぜ画期的なアイデアがタダで入手できるかもしれない「ご意見」フォーラムで、上記対応をとっているのか理解に苦しみますね。。ちなみに私が調べた結果、アイデアを受け付けているのは。。


バンナム・・☓
スクエニ・・☓
コナミ・・・☓
カプコン・・不明
コーエーテクモ・・不明
セガ・・・・◯(ただし、第一関門を突破できたもののみ扉は開かれる)
任天堂・・・◯(ただし、アイデアに対して返答はしない)

ちなみに、海外メーカー(日本法人があるメーカー)だと。。
UBI-SOFT・・・◯
RockSTARGAMES・・◎


最後のRockSTARGAMESなんて、こんなメッセージが書いてありました。。
「私達に伝えたいことはありますか? ぜひ、皆様の声をお聞かせください」。。と。

この業界だけなのでしょうか? 「一般人のアイデアなんていらねーよ!」的なコロニーの如く閉鎖的なのは。。(苦笑)
企画書にまとめて、提案しょうかしらと思った熱が、一気にしぼみましたね。。。残念です。
それにしても海外メーカーの開放性日本メーカーの閉鎖性があらためて浮き彫りになった気がしました。(気のせいだと良いのですが。。。)


追伸
私が尊敬するゲームソフトメーカーである、フロム・ソフトウェアを失念していました。(苦笑)
フロム・ソフトウェア・・・◯
安心しました。流石です。

    プロフィール

えんた

名前:えんた
年齢:ファーストガンダム世代
性別:♂

ギレンの野望 新作情報を待ちわびながら、究極のギレンの野望を夢見て、ただひたすら妄想を繰り返すブログです。メインはもちろん「ギレンの野望」ですが、ガンダム関連の紹介や私がオススメするブログ・動画・書籍・ゲーム etc も随時紹介したいと思います。気の向くまま更新しております。お暇な時にでも御一読下さるとありがたいです。誤字脱字・矛盾・茶番劇多めです。(笑)

ブログ名『次世代』→『究極』に変更しました。特に意味はありません。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

    アクセスカウンタ

  LINK FREE BANNER

   オススメリンク集

      !?

 ⇩ご意見・ご要望はこちら⇩

名前:
メール:
件名:
本文: