2014年【編集後記】

 ~ 2014年を振り返って ~

今回は、2014年を振り返ってと題して、雑談していきたいと思います。


とAuthorさんブログ出会い編】
思えば今年7月頃でしょうか。Authorさんの「次期ギレンの野望」ブログに出会い。感銘を受け、自分も「ギレンの野望」メインのブログを初めて見ようと思い立ったのは。。 ギレンの野望については、Authorさん以外の、他のブログ主でも新作が出るとその都度、単発「攻略日記」「プレイ実録」「考察」「攻略」的内容をUPされている方はいました。(ガンダムメインのブログもあれば、ゲームメインのブログや雑談系などなど。。) しかし、どれも長続きしている方は皆無でありました。どれもその時々に思った事を述べている、いわゆる単発感が否めない感じのブログばかりでした。長くて2~3ヶ月?でしょうか。ブログ主はギレンの野望に興味を失い、他のゲームに浮気し(笑) ギレンの野望は忘却の彼方へと・・。もちろん、そのようなブログ主の方々を批判するわけではございません。が「人の心はうつろいやすい」を体現しているようで、とても寂しいなと感じていました。(例えるなら、巷では流行が終わってしまっても自分はまだまだマイブーム中、そんな寂しさでしょうか。) 
そんな中、Authorさんは10年近くギレンの野望メインのブログを続けられています。「継続は力」と言いますがまさにその通りだと感じました。もちろん、内容についても感銘を受ける事が多く大変勉強になります。特に、私が知らない知識(ガンダムボードゲーム)やプレイした事のないガンダムゲーム(GNO2)などなど、非常に勉強になりますね。
私などはブログを初めて約4ヶ月くらいしか経過しておりませんが、すでにアップアップな時があります。(笑)「機動戦士ガンダム」という作品については一生好きであると自信を持って宣言できますが。。

話はそれましたが、Authorさんのブログが作品全体を網羅する「メインストーリー」だとすれば、私のブログは、さしずめ「外伝」といった立ち位置でしょうか。(笑) 「外伝」である為、好き勝手に重箱の隅を突くが如く細かい事柄について述べられる。といったところでしょうか。(笑)  


とガンダムの立ち位置について】
リアルファーストガンダム世代のいい歳した私ですが、この歳になると「普遍的に自分が好きな物(興味対象)」というものがある程度把握できてきます。一時的なブームで、そのブームにつられて熱中する事もあるでしょう。その熱中が過ぎても、あるいは一時期 他の物へ興味が移ろいでも最後には又、戻ってくる。それが本当に普遍的に好きな事柄だと思います。しかし、どんなに大好物の食べ物でも毎日食べていては飽きてしまいます。
正直、私も昨今の増殖する「ガンダム作品」に食傷気味になる事もあります。しかし、最後には必ずガンダムに戻ってくる自分がいる事も理解しています。歳を重ねるとはその様な自分の嗜好(ライフワーク)を把握することでもあるのでしょう。
もちろん、過去に熱中した事柄でその場限りで今現在も再熱中していない物もあります。 
そんな中、私にとってのガンダムという作品は「一生好きであると断言できる」数少ない作品です。
当然、先ほども申しました通り、お腹いっぱい食傷気味で「もう当分、ガンダムはいいや」と思う事も今後出てくることでしょう。何ヶ月いや何年も興味が湧かない状態に陥ることもあるでしょう。しかし、必ずまた戻ってくると確信があります。
これもひとえに、ガンダムという作品を一時のブームにせず、常に情熱を注ぎ進化させてきたすべての先人達のおかげだと思っております。本当に感謝いたします。ガンダムという作品に出会えたこと、同じ時代を生きてきた事、そして、この日本という国に生まれたこと、すべてに感謝します。


追伸

おっと。。なんだかブログ最終回のような雰囲気ですが・・・当分やめる気はございません。(笑) 
まだまだ来年も、私個人の勝手な妄想を垂れ流していこうと思っております。(笑)
よろしければ、お暇な時にでもご一読いただけると幸いです。
こんな拙いブログですが「拍手」して頂いた方、本当にありがとうございました。 正直、拍手いただけることが、こんなに嬉しい事だとは思ってもみませんでした。とても励みになります。ありがとうございました。

ちなみにこの際なので、正直に暴露しますと・・・、各記事にすべて私が「1拍手」しております。つまり自作自演です。(苦笑)  言い訳させて頂きますと「拍手」機能を導入してみた際に、本当に機能しているのか? あるいは、自分でも自分のブログに拍手できるのか? とつい好奇心とテストをかねて「ポチッとな」と押してしまいました。(笑)  しかし、すぐには反映されませんでした。(反映が遅い場合があります。)そこで、調子にのって他の記事にもポチポチ押していたら・・・・暫く時間が経つと反映されました。(笑) しかし、時すでに遅し・・。 その為、すべての記事に1拍手自作自演する事にしました。(笑) 取消方法わからなかったので・・。  
そんなこんなで、グダグタな当ブログですが、生暖かい目で見守って頂けたら幸いです。

今年最後に
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
来年も良い年でありますように!  来年こそは「究極ギレンの野望」が発売されますように!


2015年【編集後記】

~ 今年を振り返って ~

今年最後の雑談していきたいと思います。

1年が経つのは早いものです。光陰矢の如し まさにこの言葉がピッタリな1年でした。


やれやれですねバンナムさん
ギレンの野望シリーズは、今年も何の情報もありませんでした。そして、あいも変わらずなバンナムさん(笑) 年の瀬に今年最後の大炎上(苦笑) 稼ぎ頭であるメジャータイトル(バーサスシリーズ)でも炎上させるバンナムさん。クリスマスに無理やり間に合わせたかったのでしょうか。あんなに炎上しているAmazonレビューは久々にみました。しまいには、バンナムのゲームを発売日に定価で買うやつが悪いと言われる始末(苦笑)

一昨年大炎上した他のキャラゲーム(JOJO)は、その後、続編が発売されましたが、売上が前作比1/10になっているそうです。当然ですよね。続編の評価を私は見ていませんが、前作の批判を加味して改良して良ゲームになっているのかもしれません。が、しかし、一度裏切った信用は簡単には戻ってきません。自業自得とはこの事。今回のエクバ騒動で、エクバシリーズも幕引きとなったかもしれません。一時の利益の為にユーザーの信用を失う怖さをそろそろバンナムも学習しても良いころだと思いますが。。。来年は、バンナム(バンダイ)ガンゲー発売30週年記念の年との事。しかし、旗艦作品を新たに創造する意思も気概もないバンナムには期待はできませんね正直なところ。。 品質納期どちらか選択しなければいけない場面で納期を選択する企業は信用できません。少し脱線しますが、三菱ジェットが4回も納期延期して叩かれていますが安全(品質)と納期天秤にかけて安全を選択した結果でしょう。もちろん納期管理がアマアマと叩かれるのは仕方ありません。それはそれで叩かれてしかるべきです。しかし、強引に納期を選択しなかった三菱は流石です。

方や・・クリスマス商戦に間に合って良かったですね、バンナムさん。売り逃げ戦法お見事です。脱帽です。(失笑)
今回大炎上しているEXTREME VS-FORCEは、過去作に比べてボリュームを大幅ダウンさせた仕様との事。誰得なのでしょうか? ダウンしたボリューム分はDLCで補うつもりでしょうか?・・と愚痴はコレぐらいにしてと(笑)

それにしてもなんだかなぁ~なバンナムですよね。┐(´д`)┌ヤレヤレ



新作情報が無くてホッとしている自分に驚愕

今年も一編も新作ギレンの野望情報が出てきませんでしたね。残念です。がしかし、上記の体制である今のバンナムが開発していなくて、これ幸いと思ったのも事実です(失笑) もし仮に今のバンナムが開発していたとしたら、どんな仕様のギレンの野望になるのか。想像してみるのも面白いかもしれません。面白そうなので少し想像してみます。(笑) 


妄想新作ギレンの野望(バンナム仕様)
前作の「」でのパイロット視点システムは面白い試みでしたが、如何せん売上が芳しくなく、DLC補完商法がユーザーの指示を得られなかった為、そのシステムを継承する可能性は低いのではないでしょうか。
売上うんぬん詳しくはこちら→ギレンの野望 妄想その21

となると、脅威V方式に先祖返りする可能性が高いと思います。バンナムの特徴として、新システムが失敗した場合は、更に新しいシステムを開拓する意思よりも、慌てて昔に退化させる保守的な傾向があるので・・。(私の勝手な憶測)

対応ハード・・Vita・PS3 or PS4(VitaがメインでPS4でもできる程度のいつものアレ)
システム ・・脅威Vを少し進化させた程度(ターンバトルやその他継承)
再現作品 ・・<>脅威V+その時イチ押しの旬な作品
               <>脅威+α(バンナム基準の謎チョイス)
       <>初代+Ζ+(CCAとUCの機体と人物を一部スポット参戦)
       <>初代のみ 後はDLC(もちろん有料) 



今なら無理やりバルバトス入れてきそうですね。(苦笑)・・オリジンは間違いなく入れる?モビルワーカーは入れるかもですね。さすがに、バルバトス(三日月)に関しては、本編のストーリーモードには登場させないでしょうが、歴史介入ポイントとかなんとかで、ポイント貯めたら本編に介入できますよ的な謎クロスオーバーしそうで怖いです。(苦笑) 

ざっと、大雑把に想像すると、こんな感じでしょうか・・・。上記のような目新しさの一切ないギレンの野望でしたら、私は発売日には買わないことでしょう。もちろん買いますよ、こんなブログやってるくらいですから。。。ええ買いますとも。一週間後くらいには買いますよ、半額になっていると思いますので・・(^ ^;;;

とりあえず、なんでこんな編集後記になってしまったのでしょうか・・(反省) 炎上情報見ちゃったからですね。(笑) 来年こそは、あまり愚痴らないで行けたらいいなと思った次第であります。



それでは、みなさま
来年も良いお年でありますように! 
(〃'▽'〃)/

超期待してますよバンナムさん

色んな意味でもう遅い・・でしょうかね。。。(^^;;

2017年【編集後記】

~今年を振り返って~


久々の更新です。ご無沙汰しています。早いもので今年も年の瀬。師も走る師走。バタバタあがいておりました。(苦笑)


予想通り!?・・
今年も、新作ギレンの野望情報は一切ありませんでしたね。来年は初代ギレンの野望発売20週年の記念すべき誕生年です。正確には1998年4月9日発売。発売当時の衝撃はいかほどのものだったのか? 当時の私は興味はそそられたが、ハード毎購入しようとまでは思わなかった、そんな感情だったかと思います。(初代からのファンの方ごめんなさい。) マニアック一直線。頑固一徹で果てしなく敷居の高い戦略SLG。その中でも同じく頑固一徹?なファンで有名なガンオタ達。その中でも更にガンダリウム合金よりも堅い硬度?(笑)と言われる?ファーストガンダムオタクに絞った、自らの首を絞めかねない挑戦に次ぐ挑戦的なゲーム。それが「初代ギレンの野望」でありました。

まるでジオン残党軍の如く
ギレンの野望シリーズはボードゲームより脈々と受け継がれたTSLGリアル志向の系譜であり、先人たちの試行錯誤の賜物でもあります。メジャー路線(ソシャゲ)からは一定の距離を保ち、孤高を貫くその潔さ。その崇高な理念が今まさに瓦解しそうなこの時代。我々ギレニストは、ジオン残党軍の如き耐え忍ぶ日々。友軍からの援軍(新作情報・朗報)は未だ来ず。吉報(開発中情報)すらない。そんな寒い時代に我々ギレニストは如何に潜伏すべきか。悩みはつきませんね。。(おっと年の瀬に暗い話はご法度ですね。(苦笑)


来年は可能性の獣(朗報)を信じて
記念すべき20週年の年に
新生ギレンの野望が発売されますように!!

皆様にとっても良い年でありますように。
( ´∀`)

FAKEニュース
FAKEニュース2


FAKEニュース3
正夢成るか!? (まー年明けてないんで初夢でもないんですがね。。(笑))

2018年【編集後記】

~今年を振り返って~


さて。。
我々ギレニスト達の希望の年であった、2018年が暮れようとしています。そう。何が希望の年であったのか? それは、この2018年という一見、何の変哲もない中途半端な年は、実は「初代ギレンの野望」の発売20週年記念の年でありました。(すでに過去形)

記念年には何かある!? 新作の発表があるはず!? 儚くも期待するのは必然。そう、母体である超メジャーコンテンツ「機動戦士ガンダム」の記念年には数々のサプライズが用意されていました。(今更なので割愛) そしてその超メジャーコンテンツの枝先である超マイノリティーコンテンツ(自嘲気味) 我らが『ギレンの野望シリーズ』のメジャーへ昇格への淡い期待はついに叶わず。希望ついに潰える。友軍からの援軍(新作情報・朗報)は未だ来ず。吉報(開発中情報)すらない。そんな寒い時代に我々ギレニストは如何に潜伏すべきか。解散の時期すら逸した状態と申すべきでしょうか。。とにかく、残念で仕方ありません。が、しかしこれが現実。1作で終了した数多のゲーム達にくらべ、6作もシリーズ化された事実。いや、企画段階で却下された日の目を見ずに却下された数多のゲーム達。あまつさえ絶大な信者を生み出すことに成功している時点ですでに幸せなことだったのでしょう。そう感謝の気持ちをもって然るべきで嘆く必要は無いのかもしれません。偉大なゲームに出会えた感謝を。そして、開発に携わったすべての方々への感謝を。今更ですが、私の中で一番面白いガンダムゲームでした。ありがとうございました。このゲームと同じ時代に生きたこと。そして出会えたこと。全てに感謝の気持ちでいっぱいです。



さてさて。。。
年末なのに暗い話になってしまいました。(^^;;
今年初めに「2018年に次期ギレンの野望が発売(発表)が無い場合は、ブログをやめる」と宣言しました。宣言に従い、筆を置くか。それとも続けるか。未だ迷っています。(宣言して発売しなかったんだからやめなよ。と言われればそれまでですが。。(^^;

そこで、ギレニストの審判を待つことにします。
「しゃーねーな。続けても良いよ!」と思われましたら『拍手』頂けるとありがたいです。


来年こそは
新作ギレンの野望発売or発表がありますように!!
皆様にとって良い年でありますように!

希望の光


    プロフィール

えんた

名前:えんた
年齢:ファーストガンダム世代
性別:♂

ギレンの野望 新作情報を待ちわびながら、究極のギレンの野望を夢見て、ただひたすら妄想を繰り返すブログです。メインはもちろん「ギレンの野望」ですが、ガンダム関連の紹介や私がオススメするブログ・動画・書籍・ゲーム etc も随時紹介したいと思います。気の向くまま更新しております。お暇な時にでも御一読下さるとありがたいです。誤字脱字・矛盾・茶番劇多めです。(笑)

ブログ名『次世代』→『究極』に変更しました。特に意味はありません。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

    アクセスカウンタ

  LINK FREE BANNER

   オススメリンク集

      !?

 ⇩ご意見・ご要望はこちら⇩

名前:
メール:
件名:
本文: