ガンダム関連紹介①

ガンダム関連本紹介

今回は趣向をかえて、私がオススメするガンダム関連の書籍を紹介したいと思います。

MASTER ARCHIVE(マスターアーカイブ)シリーズ
現在、ガンダム関連の上記シリーズは4冊発売されています。

モビルスーツを描き下ろしビジュアルと膨大なテキストで紐解いたMS研究書。
~説明文より引用~

第一弾
マスターアーカイブ モビルスーツ
RGM-79 ジム 
71+3o921jLL.jpg718Pxa2Ri2L.jpg71YsaSGwQML.jpg71dC0DroDKL.jpg


第二弾
マスターアーカイブ モビルスーツ 
RX-78 ガンダム
71vFNALSbgL.jpg61B1wH02LZL.jpg61w5GrLp5AL.jpg61Z+4E2-LaL.jpg71cgCPRkxyL.jpg717cHXYP9kL.jpg

第三弾
マスターアーカイブ モビルスーツ 
MSZ-006 Zガンダム
711jwUXxSUL.jpg61ZOqqZFqnL.jpg61ze2sAQG5L.jpg71H7e+o4GkL.jpg61+Byfq-5JL.jpg

四弾
マスターアーカイブ モビルスーツ
RX-78GP01ゼフィランサス
71JJfIycWyL.jpg51S8JpyhErL.jpg51aKhoQ49NL.jpg51wHc9hqocL.jpg

私は、約2年前にこのシリーズに出会いました。 遅い?ですかね。(笑)
ホワイトベースアルビオンアーガマなどの船艇にもスポットを当てており、非常に読み応えがあります。
715oCA7V5QL.jpg51RQ5MN-hlL.jpg71AzDGK8DpL.jpg

第五弾がぼちぼち発表される季節になっており、私はワクワクしております。そろそろ「ザク」でお願いしたいところです。ザクの場合、バリエーション豊富の為、一冊に無理やりまとめるのではなく、複数冊にわたり展開して頂きたいものです。一切の妥協無きよう、濃厚でマニアックな内容でお願いします。(笑)

全作を通してイラストレーターに新進気鋭の瀧川虚至氏を登用しており、シリーズに統一感があります。この瀧川虚至氏は、Amazonレビューでも指摘されていますが、第二のカトキハジメ氏になりうる人物だと私も思っております。特に、架空の兵器であるモビル・スーツの内部構造イラストは素晴らしく、驚愕に値します。研究書と銘打つだけあって、よく熟考・考察された執筆内容、更には説得力のあるイラスト・内部構造どれも素晴らしく、末永く続いて欲しいシリーズです。

マスターアーカイブ「ザク」が待ち遠しくてたまりません(笑)

追伸
気象衛星「ひまわり8号」を載せたH2Aロケットの打ち上げ成功おめでとうございます。ノーベル物理学賞を受賞された赤崎勇氏・天野浩氏・中村修二氏 おめでとうございます。

追伸
スマホで初めて自分のサイトを閲覧しました。(私はガラケー使いです(笑)) 酷かったですね(^^;  改行するとスマホではズレまくる事を今日、知りました。スマホで当ブログをご覧頂いている方がおられるかは存じませんが、もしおられましたらお詫び申し上げます。(PCとスマホ 両方でちゃんと表示するにはどうしたらよいものか・・・)

ガンダム関連紹介②

【ガンダム関連本紹介】 超時空要塞マクロス編

ガンダム関連本紹介と銘打つものの、直接のガンダム本ではありません。ですが、『機動戦士ガンダム』と言う作品自体に多大な影響を及ぼしたであろう作品(作品関連)も紹介していきたいと思います。(ネタに困っているわけではありません^ ^;)

ちょっと一息、ブレイクタイム( *´▽`)_旦~ ・といったところでしょうか。(主に私がですが・(笑))

紹介第一弾でMASTER ARCHIVE(マスターアーカイブ)シリーズを紹介させて頂きました。このアーカイブシリーズは、ガンダム以外にも様々な作品を取り上げており、歴史的観点より掘り下げていくシリーズの特徴を継承しています。今、現在もっとも多くのシリーズをリリースしている作品が「超時空要塞マクロス」シリーズとなっております。

マクロスシリーズの中に登場する『可変戦闘機(Variable Fighter=ヴァリアブル・ファイター)』に焦点をあて、未来の歴史家の歴史的研究書(解読書)との位置づけで展開されており、綺麗なCG・マニアックで濃密な解説記事・変形機構解説・内部構造図解・開発秘話・秘匿写真公開などアーカイブシリーズの特徴である現実にある兵器解説書のようなリアル感で統一されており、ガンダムファンも必見の内容となっております。現在、第七弾まで発売されております。

第一弾
ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー

71Q8LmqwDKL.jpg41g8ZRK8bpL.jpg51H05baru2L.jpg51H6mZZmJVL.jpg51PUn3d0uZL.jpg51pVy2W8PKL.jpg516b1Xi7fGL.jpg4186r8Hl2aL.jpg

第二弾
ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-19エクスカリバー

7185e9w2qQL.jpg41556ep2HwL.jpg41XOXKYTB8L.jpg51Guxr4Q6CL.jpg51MaQeg6P4L.jpg51rYU8+yfPL.jpg51tXiHuPnYL.jpg51yLePKk9KL.jpg

第三弾
ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー 宇宙の翼 VF-1バルキリー

71OOGtBMc7L.jpg71d4-O69i7L.jpg61wZoykya3L.jpg61o-69R8DwL.jpg71yd5E8iBiL.jpg71WAmCrWkBL.jpg

第四弾
ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-25メサイア 新たなる救世主

71FwG7R4GTL.jpg61goc2YS+uL.jpg71hfMPCqgIL.jpg71hgBoLQR6L.jpg71QgIKSf-mL.jpg717gBcDr5XL.jpg

第五弾
ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-0フェニックス 始まりの不死鳥

71ChE-Dvq9L.jpg61pmVOA8seL.jpg71FZirkvLtL.jpg71oBdty3jJL.jpg

第六弾
ヴァリアブルファイター・マスターファイル SDF-1マクロス VF-1航空隊

71FAYvOLcuL.jpg617d7Fw19SL.jpg71f3ZJPcBuL.jpg716GwCif0zL.jpg61sD6ttqYrL.jpg61fdUbYFt9L.jpg71lAWu0FwSL.jpg

第七弾
ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-22シュトゥルムフォーゲルII

71UqZrqr33L.jpg61+SGtVtS4L.jpg61YbC23UXVL.jpg61613HpkhSL.jpg61FUVhe6PTL.jpg61HBHFLQXhL.jpg71NkgLJMaeL.jpg71IoD1uwkBL.jpg


先月(9/19)発売の最新マスターファイルシリーズである、「VF-22シュトゥルムフォーゲルII 」はAmazonカテゴリ別人気ランキング一位になっていました。 当然の如く、私も全シリーズ購入しております。(ちなみに、上記写真はAmazonより引用させて貰っています。) 内部構造図解は、前回紹介させて頂いた瀧川虚至氏を採用されており、こちらも見応え充分です。強いて難を言わせてもらえば、バトロイド(ロボット)形態CGが少なめという事でしょうか。

そもそも「超時空要塞マクロス」と「機動戦士ガンダム」って共通点あるの? と思われる方もおられるかと思います。「マクロス」がロボットアニメ界に与えた影響は「ガンダム」になんら劣ることはないと私は思っております。優劣など無意味な論争はいたしません(笑)

特に当時、若干22歳の河森正治氏のデザインされた「バルキリー」の衝撃は計り知れないほどでした。当時の主力戦闘機である『F14 トムキャット』似形状から、バトロイド(ロボット)形態へ変形する、とにかく当時、カッコよさで抜きん出た存在だったと認識しております。(個人的には中間形態である「ガウォーク形態」が好きですね。)

後の「Zガンダム」可変モビル・スーツデザインに多大な影響を及ぼしたのは言うまでもありません。特に、初代「超時空要塞マクロス(TV・映画)」「マクロスプラス(OVAシリーズ・映画エディション)」はガンダムマニアも必見です。

河森正治氏
マクロスシリーズのみならず、ガンダム、アーマード・コアシリーズなどのメカニックデザイン・監督業で今も第一線で活躍されている。初代マクロス(TV版)当時、若干22歳の若さで「メカニックデザイナー・演出家・監督(映画版)」可変戦闘機バルキリーをデザインし、斬新な変形機構で一躍脚光を浴びる。ロボットアニメのデザイン史上に画期的な功績を残した。SFアニメで初めて、航空機を主役メカとしたのも本作である。~河森正治氏 Wikiより一部引用~

美樹本晴彦氏
ポケットの中の戦争・エコール・デュ・シエル 天空の学校(漫画)のキャラ(特に女性キャラ)を書かせたら天下一品。美少女キャラ第一人者、キャラクターデザイナー。

板野一郎氏
ミサイル乱舞演出のカッコよさを国内外に示し、数々の伝説的手法を編み出した作画監督・演出家。ミサイル一斉発射。ロケット花火遊びから生まれた板野サーカスの代名詞。従来のロボットアニメではサブウェポン扱いだったミサイルに着目した板野は、「弾数の多さ」「ミサイルの動き」をアピールする演出を行った。ミサイル群は絡み合うような複雑な軌道をとり、糸引く白煙で立体的かつ芸術的な航跡を描く。その模様から、「納豆ミサイル」とも呼ばれる。『ガンダム』では演出家から「動きが速すぎる」と文句を言われたが納得できず、演出家が出かけている隙にエルメスのビットを動かすタイムシートを描き換えた。試写でこのシーンを見た富野由悠季監督からセンスを認められた。~板野一郎氏 Wikiより一部引用~

板野一郎氏はエルメスの素早いビットの動き、更にはパーフェクトガンダムの生みの親でもあるとの事。「ダイダロスアタック」は本当にしびれる演出でした。ガンダムだけではない、層の厚い日本のSFアニメ・漫画の凄さを改めて認識した次第であります。

私は全マクロスシリーズを視聴しております。その中でも特に私のお気に入り(オススメ)は「初代マクロス(TV版・映画版)」「マクロス・プラス(OVAシリーズ・映画エディション)」「マクロスF(フロンティア)」でしょうか。

マクロスプラスに登場する、バーチャルアイドル(シャロン・アップル)初音ミクの先駆けのような存在ですね。(メガゾーンシリーズの「時祭イブ」が年代的には先ですが・・そういえばイヴのデザインは美樹本晴彦氏ですね。)

マクロスプラスより~ -シャロン・アップル- 右側なに!?って方はぜひ本編をご覧ください(笑)
シャロン・アップル.jpgシャロン・アップル1.jpg

メガゾーン23シリーズより~ -時祭イヴ-   パートⅠラストは衝撃の・・
時祭イヴ1.jpg時祭イヴ.jpg



余談
このマスターファイルシリーズは「ガンダム」「マクロス」以外にも展開しており、興味のある方はぜひ検索してみては如何でしょうか。出版社様へ。太陽の牙ダグラム蒼き流星レイズナーもラインナップに加えてください。お願いします。(笑) 私の住む地域では、大型書店でもこのシリーズが置いてあるのを見たことがありません。このようなマニアックな書籍は人目に触れる機会が少なく機会損失が発生しているかと思うと非常に残念です。『悪貨は良貨を駆逐する』このことわざのような世の中にならないよう切に願う次第です。

追記
歴史に名を残す作品というのは作り手側の熱意・こだわりが伝わってくるものです。次期ギレンの野望もそうであって欲しいと願うばかりです。

追記

初代超時空要塞マクロス(TV版)』OPEDを何年(何十年?)か振りに視聴しました。年甲斐もなく目頭が熱くなりました。(笑) OPの人類を鼓舞するかの如く躍動感のある歌詞・曲に、EDの郷愁を誘うどこか懐かしいメロディーと詩に改めて偉大な作品だったと実感した次第です。

ガンダム関連紹介③

【ガンダム関連書籍紹介】

さて、ちょっと一息、ブレイクタイム( *´▽`)_旦~ の時間です。(主に私がですが・(笑))
今回は、久々に私のイチオシ「ガンダム関連書籍」を紹介したいと思います。
漫画です。

知名度的にメジャーあるいはメジャー級の漫画は私がいまさら紹介するまでもないと思いますので、今回オススメするのは、少しマイナー(あまり知名度のない?)と思われるガンダム漫画で、秀逸と感じた漫画を紹介したいと思います。(私の認識不足でメジャーな漫画でしたらすみません。)

  機動戦士ガンダム FAR EAST JAPAN 上  機動戦士ガンダム FAR EAST JAPAN 下
  FAR EAST JAPAN上.jpeg    FAR EAST JAPAN下.jpeg
   大谷 アキラ氏(著者)

去年の2月~3月にかけて発売された、ミリタリー色豊か大人の鑑賞に耐えうる骨太のガンダム漫画です。
発売時の「帯(おび)」の謳い文句(キャッチコピー)として・・「機動戦士ガンダム サンダーボルトの太田垣康男氏絶賛!!!!!」とデカデカと表記されています。  
ビックリマーク 5つですよ(笑)

肝心の太田氏コメントはと言うと・・「ニホンが舞台だと・・・!? また一人、お仲間が増えて嬉しいぜ! 小学館ガンダム・チーム発進!」(原文ママ) っと、特に褒めてません(笑)

ちなみに「太田氏絶賛」の文字は2cmで、太田氏コメント部分は2mmという(笑) 
コメント部分読ませる気ゼロでしょうね(笑)
太田氏絶賛.jpeg
左下の小さな小さな文字(笑)が太田氏コメントです。

商売上手ですね(笑) 小学館さん
このような一歩間違えれば大炎上(笑) になりかねない、キャッチコピー商法でしたが、荒れなかったのは、兎にも角にも、この漫画が面白いからにほかなりません。と思います。

私は、この漫画を書店で知り、購入いたしました。
その際に、もちろん先ほどの帯が真っ先に目に入りました。
 
えんた「(サンダーボルトの太田氏が絶賛だと!? これは買わないと・・)」
えんた「(ん? 小さい字で大田氏の絶賛コメントが書いてある。どれどれ・・)」
えんた「(・・・・・・褒めてないやん。)」(笑)


【オススメポイントと一部所感】 一部ネタバレがございます。ご注意下さい。
一年戦争末期の日本を舞台に、ジオン軍兵士サイドで物語は進みます。
人間ドラマ・戦争の虚しさを軸に緻密な描写と作者の豊富な知識が相まって、物語に引き込まれます。この作者の過去作など一切存じ上げない私ですが、これだけは断言できます。「この作者はガンダムが好きだ」と(笑) 私のガンダム好き探知センサーがビビビット反応しました。(笑)

<ジオン軍> 当時用人物一部
ゴードン・レノックス少尉・・イケメンの若きエリート
ランディーメネンデス准尉・・熟練パイロットでオッサン(笑)
リンゼイ・シミズ軍曹・・紅一点の凄腕スナイパー

主人公はランディー・メネンデス准尉で合ってますよね? 
比重としては、人間模様(ドラマ)に重きを置いている為、上巻ではあまり戦闘シーンがありませんが、下巻では戦闘シーンが多めとなっております。

【以下感想列挙】
・女性キャラと男性キャラのかき分けが素晴らしいなと感じた。
・男性キャラは「センチネル」を彷彿とさせる渋くニヒルな感じで好感がもてる。
・敵である連邦軍人の傍若無人っぷりが誇張されすぎている点が少し気になったが。
・ニホンを舞台にしているが、ニホンである必然性(説得力)が薄いのが少し残念。
・作画(絵)が綺麗でかなりのレベルと感じた。
・モビル・スーツのチョイスも完璧。
・オリジナル機体やガンダムの世界観に合わないアレンジ機体等もなく好感がもてる。
・「ジオニック・フロント」や「イグルー」シリーズなどを彷彿とさせるミリタリー色豊かで、
 ジオニスト必見の書であると感じた。
・ザクマシンガン(MMP-78)などの種別名称を用い、所々に注釈にて補完していて親切。
・連邦が敵だと認識しやすい、シャークマーク(マウス)仕様のボール描写が秀逸。
・MS08小隊ジオン版を彷彿とさせる、ミリタリー色を全面と押し出した内容。
・スナイパーライフル(弾丸とビーム)についてゴードン・レノックス少尉とリンゼイ・シミズ軍曹のやりとりに作者のこだわりを感じた。
・夜間強襲型の実験機ジム<通称>「ナイトストーカー」との手に汗握るスナイピング合戦。
・特別なエース機による派手な無双劇(力押し)ではないリアルな戦闘描写。
・限られた戦力で勝利を目指す頭脳戦が見応えあり。

戦略シミュレーションゲームに通ずるものがあると思いました。特に索敵方法や鹵獲機運用シーン、小規模戦闘の読み合いetc

私はこの漫画の著者である「大谷 アキラ」氏の事は全く存じ上げませんでした。
近い将来、ガンダム漫画を再度連載するのであれば私は必ず購入する事でしょう。

追記
昨今のいわゆる「萌え」系キャラとは一線を画した、渋い男たち(おっさん(笑))が多数派を占める「燃え」系であるのも、共感がもてる点でしょうか。 (おっさんが好きというわけではございません(笑))
ちなみに女性キャラである、リンゼイ・シミズ軍曹はかなりの可愛い子ちゃん(死語)です。(笑)

次回は、またまた「現実と虚構」に戻りまして「オリジナル機体は有りか無しか」について語って行きたいと思います。


ガンダム関連紹介④

【ガンダム関連書籍紹介】

さて、ちょっと一息、ブレイクタイム( *´▽`)_旦~ の時間です。
(毎度毎度、休んでいる気が・・(笑))
今回は機動戦士ガンダム サンダーボルト 5巻です。
メジャーな漫画は紹介しないと申しておりましたが、この「サンダーボルト5巻」は内容の紹介ではなく、2種類販売(通常版・限定版)しており、その違いで、どちらのバージョンを購入しようか迷っている方がおられるかも知れませんので。。。「迷わず行けよ! 行けばわかるさ!」 と(笑) 猛烈に「限定版」をゴリ押しする為に 購入の指標にして頂けると幸いかと思い、筆を執ったしだいであります。 つまるところ、ダイレクト・マーケティングです。(笑) 
ステルスーケティング(通称・・ステマではありません。)
です。(笑) 

<注意>
以下、漫画内容のネタバレはございませんが、紹介の為、限定版の内容物を一部露出しております。ご了承ください。



機動戦士ガンダム サンダーボルト 5巻 フルカラー設定集付き限定版 1280円
サンダーボルト5巻 特別版 内容物.jpg


↓通常、右利きの人であれば「左向き」画が書きやすいと思いますが、氏は敢えて「右向き」を採用しております。しかもモビル・スーツなどの巨大物を描く際のお約束?である、下から見上げる構図をとらずに、見下ろす感じの角度を採用されており、非常に斬新ですね。人の真似はしたくないとの思いが強いのかもしれません。(注意・・デジタルで一度描いて、3DCGにてギミック等を確認しているとのコメント有り。左向きで描いて角度調節しているのかも知れません。)
マ1.jpg

マ2.jpg
↑コンペにおいて主力MSの座を勝ち取った、ゲルググの紹介ですけど。。。
貴方のギャ◯は負けちゃったんですけど。。。(笑)

↓ガンプラのボックスアート集ですね。
マ3.jpg


ーケティング担当のマ・クベ氏 ありがとうございました。(笑)
ギャン子氏も。。(笑)

サンダーボルト版のモビル・スーツや艦艇・武器等は、作者独自解釈なので、公式やゲームにすんなりと溶けこませるのは難しいかもしれませんが、魅力的な作品である為、是非ともギレンの野望新作に登用して欲しいものです。あれほど違和感のある? イグルーキャラ(CG)も(笑) 上手に? アニメ調にリファインした事ですし・・。

設定資料集
特に付属の設定資料集には、一つ一つのMSデザインに、作者の太田氏コメントが記載されています。これが必見となっており、読み応えも十分な内容になっております。 63ページもある為、ボリュームも十分対価に値すると思います。 作者自身が語る、創作秘話は本当に魅力的ですよね。

ボックスアート

現在発売中のサンダーボルト版ガンプラのボックスアートがホストカードサイズで同封されており、こちらもお得だと思います。

エンブレム・シール
個人的に、スカル(骸骨)のエンブレムに隊長機である「ツノ」を付属させた、このエンブレムは好きですね。このツノ付きは、ファーストガンダム世代には、グッと来るものがありますね。(笑)

まとめ
サンダーボルトファンで、3巻付属(ボール・プラモ)版は買わなかったけど、今回は買おうか迷っているという方がいましたら、間違いなく「限定版」をお買いなさい。(笑) 後悔する事は無いと断言しておきます。

追記
私は近所で一番大きな本屋で購入しましたが、その本屋では新刊は「新刊コミック売り場」に置いてあります。サンダーボルト5巻も「通常版」はそこにありました。しかし「限定版」はどこにも無いではありませんか!  私は「やっぱり、一日くらい遅くても限定版はAmazonにすれば良かったのか・・」と思いましたが。。。 その本屋では、なんと! レジの横に「限定版」が置いてありました。埋もれていたと言っても過言ではありません。(苦笑) 
こんな場所に置いてあったら「限定版」に気づかずに機械損失がでるじゃないか! と大きなお世話ですが思ったしだいです。 
そこで・・・
「<自称>行動するガンオタ(見習い)」(笑) の私としては、これは見過ごせない。と思い、店員さんに「ここに限定版置いてあると買いづらいですし、みんな気付かないんじゃないですかねー」とやんわりと(笑)
助言(大きなお世話)して来ました。(笑)
その後、新刊コーナーに「限定版」を移動したかどうかは定かではありません・・。(^ ^;

ガンダム(ギレンの野望)を盛り上げるために、立てよ国民! といったところでしょうか。(笑)
小さなことからコツコツと。 これからもみんなで盛り上げて行きましょう!

追記
デジタルにて漫画を描く漫画家も増えてまいりましたね。更には、3DCGにて、一度立体図(機械・人物)を完成させて漫画に活かしている漫画家もいると聞き及んでいます。アニメ業界でもフル3DCG作品も増えてきています。(蒼き鋼のアルペジオ・シドニアの騎士・楽園追放・アルドノアゼロ・艦これ etc) アルドノアゼロはカタフラクト(人型兵器)のみCGでしょうか。
この中で「シドニアの騎士」にて実際にアニメで使用した、人物のCGデータを一般向けに販売しているとの事。(人物が1人1万4800円から、継衛が6万9800円、播種船シドニアが9万9800円との事。 価格は現在 約1/10に改定されているとの事。)
非常に新しい試みですね。これは「ジ・オリジン」映画版で使用しているモビル・スーツCGも個別で販売すれば良い商売になる予感がします。「シドニアの騎士」は私も好きな作品です。(コミックは全巻持ってます。)  更にガンダムであれば、知名度が段違いですので、制作側サイドもCG販売で新たな収益を得る事ができるかも知れません。プロ用CG制作ソフトが無いと意味がないのかも知れませんが・・。どちらにしても、プロと同じもの作品で使用した同じものを手にできるというのは、ファンにとってはこの上ない喜びでしょう。更には「再興編」で提案している、第四勢力による「改造・改良・改変(笑)」を許可できるのであれば(もちろんこちらは個人で楽しむ範疇でですが・・) よりファンの楽しみも増える事でしょう。(私的には、シャアザク3DCGデータ購入者が自分で改良した「改良シャアザク」などの動画をニコニコ動画などにUP許可も欲しいところですが・・。)
丹精込めて作成したモビル・スーツなどの3DCGデータを一作品鑑賞だけで終わらせてしまっては「もったいないな」と感じたので提唱させて頂きました。

ガンダム関連紹介⑤

【ガンダム関連書籍紹介】

ガンダム関連本紹介と銘打つものの、直接のガンダム本ではありません。
またまたいつもの、ちょっと一息、ブレイクタイム( *´▽`)_旦~ (主に私が・・(笑)) 


以前、MASTER ARCHIVE(マスターアーカイブ)シリーズを紹介させて頂きましたが、その最新作のご紹介です。

マスターファイル アーマード・トルーパー ATM-09-STスコープドッグ

スコープドック.jpg

スコープドック3.jpg スコープドック4.jpg

スコープドック5.jpg スコープドック6.jpg
ちなみに、私は完全に「ボトムズどストライク世代だと思いますが、なんと・・・私の住んでいる地方ではTV放送していませんでした・・・。 その為、なんと・・TVシリーズ見たことないという・・(^ ^;
なんとも残念な感じとなっております。ニワカを通り越して、語る資格もないかも知れませんが。。それなのに、買ってしまいました。(苦笑)
スコープドックや主人公のキリコ等の超初級情報は流石に周知しております。あまり知らないというのが逆に? 功を奏し? 様々な発見があり、非常に満足しておりますね。このマスターアーカイブ・シリーズがマニア向け(大人向け)の濃密な内容である事が更に知的好奇心に火を付けるのでしょう。

【新参者がはじめに見るべきガンダム作品は?】

若い世代の方は「ガンダム」をゲームを通して知るという事があると聞いたことがあります。もちろん、古参の私としては、ガンダム好き人口が増えるのは大歓迎です。新参者は、どのガンダムシリーズから見たら良いのか分からないこともあるでしょう。映像作品だけでも膨大な数がありますから。「どの作品から観たら良い?」「オススメは?」と聞かれた場合、私は迷わずファーストのTVシリーズから見なさい(笑)と勧めます。「長すぎてちょっと・・・」と言う方には、映画版三部作を勧めるでしょうか。


朗報!?(連邦派には朗報 ジオニストには・・)

マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム Vol.2  発売日 2015/3/31

マスターアーカイブ・ジムVol.2.jpg

71NDqoyvLqL.jpg

ガンダム関係のアーカイブシリーズがついにリリースされました!!
が、しかし・・何故ザクじゃない!? (笑) ジムのVol.2との事ですが・・もちろんジムも私は好きでありますが・・・。連邦軍に偏りすぎてませんか?(笑)  というか、思い返せば・・・「ジオン系モビル・スーツ」のアーカイブ本 出てないではありませんか!! (どいつもこいつも連邦・連邦と・・おっと、ヤサグレ・シャアの絵が浮かんできましたよ(笑)) 

ザクあってのガンダムだと思っています。是非とも次回作はザクでお願いしたいところです。ザクと同じく、バリエーション豊富なジム本のVol.2が発売されるという事は、ザクも同じくVol.2~と複数冊発売されると思って良い!?ですよね。とりあえず、楽しみですね。(出版元ブログを度々チェックしている私ですが、公式じゃなくAmazonで発売を知るってどうなんでしょうね・・。(苦笑) そして公式は何の発表もない。。。) それにしても、イラストレーターの瀧川 虚至氏は大忙しですね。才能ある方は羨ましい限りです。(ちなみに「スコープドック本」も以前紹介させて頂いた「マクロス本」もイラスト・分解図は瀧川 虚至氏が担当されております。)

3月下旬には「ジョニー・ライデンの帰還10巻」も発売予定です。なんとも嬉しい限りです。

追記
Authorさんブログの最新記事にて、ボトムズについての言及がありました。それを見た私は「キュピーン(ニュータイプ的アレ(笑))」が発動し、先月購入した、スコープドック本の話をしようと思い立った次第であります。(平たく言えば便乗(笑)) 色々とすみません。

ガンダム関連紹介⑥

【ガンダム関連書籍紹介】マスターアーカイブシリーズ

恒例?のガンダム関連本紹介です。
またまたいつもの、ちょっと一息、ブレイクタイム( *´▽`)_旦~ (主に私が・・(笑)) 


当ブログで謎のイチ押し(笑) 研究読本 MASTER ARCHIVE(マスターアーカイブ)シリーズを紹介させて頂いていますが、その最新作のご紹介です。

マスターファイル SPTレイズナー 発売日 2015/9/5


61Id+Hk-ZnL.jpg


61Gg-V5ilEL.jpg

61Tx-dO3roL.jpg

71qp6bsb4PL.jpg

71Kht+A23QL.jpg

71uz-zxJK4L.jpg

71szzozqJGL.jpg


蒼き流星SPTレイズナーに登場するロボットは、SPT(スーパー・パワード・トレーサー)と呼ばれ、頭部にコクピットがある為、体躯から鑑みても大きめとなっており特徴的であります。メカデザインは大御所、大河原邦男氏です。チェインバーに似ていると思ったそこの貴方! チェインバーが似ているんですよ。間違えてはいけません。(笑)
V-MAXシステムやSPTコンピュータ(AI)との友情、OPに本編ハイライト導入システム、二部構成など、後のロボットアニメに影響を与えた金字塔的作品でもあります。

V-MAX(ブイマックス)とは、第2世代SPTより付与された特殊自己防衛プログラム及びそれに伴う非常時高速戦闘システムの名称である。元々は、戦域から緊急離脱し、自機の安全を確保することを第一の目的に開発された特殊機能だった。発動時には全身のスラスターのアフターバーナーが点火し推進力が最大値まで引き上げられるため、通常機動の3.57倍の速度になり機体の出力が格段に跳ね上がる。 ~ Wikiより ~

通常の3.57倍・・やけにリアルな数字ですね。。蒼き流星赤い彗星を凌駕するのか!? 


主人公のエイジ・アスカは、ジェリド・メサ役の井上和彦氏であり、ガンダムにも共通点のある作品でもあります。Blu-rayBOXでTVシリーズ+OVA3話も発売されています。この機会に鑑賞してみては如何でしょうか。ちなみに、私はOVAは見たことない、ニワカだったりします。(^ ^;


ボードウォー・シミュレーションゲーム(ツクダホビー製)
『SPT』 - 戦闘級
『V-MAX』 - 戦闘級

レイズナーのボードSLGが発売されていたんですね。少し気になります。(笑)



朗報!?(連邦派には朗報 ジオニストには・・)

モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム 発売日 2015/11/21


ユニコーンガンダム.jpg



蒼き流星SPTレイズナーに続き、ガンダム関係のアーカイブシリーズ発表されました。
が、しかし・・何故ザクじゃない!?(←ここまでテンプレ) ユニコーンガンダムとの事ですが・・もちろん、ユニコーン好きでありますが・・・。連邦軍に偏りすぎてませんか?(笑)(←ここまでお約束) というか、思い返せば・・・「ジオン系モビル・スーツ」のアーカイブ本 出てないではありませんか!! (どいつもこいつも連邦・連邦と・・おっと、ヤサグレ・シャアの絵が浮かんできましたよ(笑)) (←ここまで前回のコピペ(笑))

ザクあってのガンダムだと思っています。是非とも次回作はザクでお願いしたいところです。(最後の〆セリフまで前回のコピペ(笑) コピペ流行ってますからねー おっと・・)


9月下旬には「ジョニー・ライデンの帰還11巻」も発売予定です。なんとも嬉しい限りです。



追記
私が必要に勧めるこのマスターアーカイブシリーズですが、瀧川虚至氏の綺麗なイラストやCGもさることながら、考え抜かれた文章・構成・語彙。良質の軍事専門書のようでもであり、歴史考察書のようでもある。このプロフェッショナルの仕事ぶりが堪能できる数少ない書物だと思っています。

記事担当者のブログ(公式)には、どのようにしてこのアーカイブシリーズが創られているのかが記載されています。

<一部引用>

マスターファイルはどうやって作られるのか? まず、寝ても覚めてもレイズナーのことを考えます。(・その時取り上げるテーマの事。)  ……これは冗談でもなんでもなく、本を作るとなったら世界観や登場人物たちの心情、メカの構造やシステムに至るまで徹底的に考えます。考え抜きます。最大限の想像力を働かせ、持てる知識を総動員し、然るべき情報筋に相談し、本の内容を決めていくのです。もちろん、3Dの立体を起こすのも、カッコ良さとリアルさを両立させるべく、あらゆる過去の資料とも向き合いながら、マスターファイルとしての方向性を決めていきます。


寝ても覚めても◯◯の事だけを考えられますか? 私には無理ですね。プロとはそのような仕事に没頭できる技能・精神力の持ち主であると改めて考えさせられました。賞賛に値します。ネットに繋げば、コピペでそれらしいデザインや文章も組み合わせる事ができる現在。コピペするだけでなく、一度自分で咀嚼し再構築しなければ、新しいものは生まれてこないのだなと再認識しました。その反省の意味と皮肉(自分への)もこめまして、自ブログの過去記事コピペにてお茶を濁したわけでございます。(ブレイクタイム( *´▽`)_旦~でお茶せずにお茶を濁す。。(苦笑))

ガンダム関連紹介⑦

さて、ちょっと一息、ブレイクタイム( *´▽`)_旦~ の時間です。
ガンダム関連作品について紹介したいと思います。超が付くほど有名作品で今更恐縮ですが。。。


今回は機動戦士ガンダム サンダーボルト 7巻です。

この「サンダーボルト7巻」は内容の紹介ではなく、2種類販売(通常版・限定版)しており、その違いで、どちらのバージョンを購入しようか迷っている方がおられるかも知れませんので。。。迷わず行けよ! 行けばわかるさ! と(笑) 猛烈に限定版ゴリ押しする為に 購入の指標にして頂けると幸いかと思い、筆を執ったしだいであります。(5巻発売時とマンマ同じ理由です。) つまるところ、ダイレクト・マーケティングです。(笑) 

ステルスーケティング(通称・・ステマではありません。)
です。(笑) 



<注意>
以下、漫画内容のネタバレはございませんが、紹介の為、限定版の内容物を一部露出し、引用しております。ご了承ください。







機動戦士ガンダム サンダーボルト 7巻 
カレンダー&ネーム付き限定版
限定版 1800円


主人公二人


サンボル7巻限定版内容物紹介


U.C.0079 メモリアルカレンダー[2016]
2016年度月別カレンダーが特典として、サンダーボルト宙域での戦闘シーン(漫画より抜粋)を作者自ら選定してシルバー加工したカレンダーに落とし込んでいます。注目すべきは2017年3月まで計15シーンが盛り込まれているところでしょうか。12シーンではなく、オマケとして2017年3月まで収録されており、お得です。シルバー加工は非常に綺麗で豪華です。が、肝心のカレンダーとしての機能はほぼ無い(笑) とだけ言っておきます。数字が小さいのと、シルバー加工の為、非常に見づらい(笑) カレンダーとしての使用に十分な機能であれば、会社のディスクに置いて使用しようと思っていましたが、さすがに飾り以外には使えませんね。(笑) 
サンボル7巻カレンダー ごもっとも・・(;^ω^)


サンダーボルト初期ネーム集【第1話~第5話】
漫画サンダーボルトの初期原稿が1話~5話まで収録されています。この5話までがアニメ版1話の内容だそうです。ラフ画の段階でほぼ雑誌掲載版と変わらないクオリティー。このままでも十分読めるのが流石です。
サンボル7巻ラフ画



アニメ第1話(+有料配信セル版特典映像「一年戦争へ挑んだ者たち」プロローグ)」を期間限定で無料視聴できる 【プレミアムSTREAMINGカード】
ん? なんと、これは第一話無料視聴券ですと。。まだ私は視聴していませんが、期間限定との事。2016年1月31日までとの事です。意外と長い期間無料視聴できるんですね。しかも1話がそんなに長くないので、5回は見ようと思います。(笑) 次期ギレンの野望に取り入れると良いアイデアがありましたら紹介したいと思います。
ダイレクト・マ その1
注意・・上記期間は、視聴期間ではなくシリアルコード登録期間との事。シリアルコードを登録すると、24時間視聴可能だが、それを過ぎると、期間中でも視聴できなくなるとの事です。そりゃそうですよね。ストリーミング配信というやつですね。ニコニコ生放送のように、タイムシフトは1回のみ視聴可能というわけではありませんが、時間に余裕のある時に登録して一気に5回観たいと思います。(笑)


あとがき
今巻は、前6巻発売から約2ヶ月でのリリースとなりました。リリースサイクルが早いのは、非常にありがたいです。私の好きなジョニー・ライデンの帰還などは、6ヶ月周期でのリリースとなっている為、ヤキモキします。(笑) ハン◯ー×ハ◯ターF◯Sベル◯ルクバ◯タードに比べれば全然OKですが・・・(^^;;
しかもこのサンダーボルトは、作者自身の本気度が作品からヒシヒシと伝わってきます。この情熱はどこから来るのか。飽き性の私も見習いたいものです。


ガンダム関連紹介⑧

【ガンダム関連書籍紹介】アーカイブシリーズ

恒例?のガンダム関連本紹介です。
またまたいつもの、ちょっと一息、ブレイクタイム( *´▽`)_旦~ (主に私が・・) 


研究読本 MASTER ARCHIVE(マスターアーカイブ)シリーズを紹介させて頂いていますが、その最新作のご紹介です。


モビルスーツアーカイブ
MSN-06Sシナンジュ
 発売日 2016/3/E
しなんじゅ


 SBクリエイティブは、3月下旬にモビルスーツアーカイブの第2弾『モビルスーツアーカイブ MSN-06Sシナンジュ』を発売する。本書は先日発売された『モビルスーツアーカイブ RX-0ユニコーンガンダム』に続き、アニメ『機動戦士ガンダムUC』に登場するモビルスーツ(MS)を紐解く解説書。今回は、“赤い彗星の亡霊”と呼ばれたフル・フロンタルが搭乗したシナンジュを取り上げる。新生ネオ・ジオンのフラグシップであるシナンジュはいかにして生まれ、そしてフロンタルの手に渡ったのか? ユニコーンガンダムにも通じる開発技術の秘密とは? CGによって表現される流麗な機体の姿も存分に楽しめる。発売は3月下旬を予定。詳細な内容紹介については続報を待て!       

~マスターFileブログより抜粋~




つ・ついにジオンMS(´゚∀゚`)キタコレ
(新生ネオ・ジオンですが・・)


思い返せば、このシリーズ。すべて連邦軍モビルスーツに焦点をあてていました。

  • モビルスーツ RGM-79 ジム (GA Graphic編集部著) 2010/9/18
  • モビルスーツ RX-78 ガンダム (GA Graphic編集部著) 2011/12/15
  • モビルスーツ MSZ-006 Zガンダム (GA Graphic編集部著) 2012/12/4
  • モビルスーツ RX-78GP01ゼフィランサス (GA Graphic編集部著) 2013/9/30
  • モビルスーツ RGM-79 ジム Vol.2 (GA Graphic編集部著) 2015/3/28
  • モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム (GA Graphic編集部著) 2015/11/7
どいつもこいつも、連邦・連邦・連邦・蓮舫 おっと(笑) 
ザクはまだか!?と、憤っておりましたが、ついにジオン(新生ネオ・ジオンですが・・)のモビルスーツを取り上げてくれました。


が・しかし
良く良く注視してみると、RX-0 ユニコーンからシリーズ名が変更?されているんですね。
今更ですが・・(^^;


従来まで・・マスターアーカイブ・シリーズ
前回から・・モビルスーツアーカイブ・シリーズ


ユニコーンから逆開き・縦書きに変更になっていましたので、一応気がついてはいましたが・・。刷新されたのか?それとも別シリーズで従来のマスターアーカイブが続くのか?はわかりかねますが。。なんとなく従来シリーズが良かったかなと。。早くも古参病が発動しそうですが・・(笑) どちらにしても、プロフェッショナルな仕事で創り上げる姿勢に変わりはないと思いますので、期待したいと思います。それにしても、ザクはまだか・・(笑)



    プロフィール

えんた

名前:えんた
年齢:ファーストガンダム世代
性別:♂

ギレンの野望 新作情報を待ちわびながら、究極のギレンの野望を夢見て、ただひたすら妄想を繰り返すブログです。メインはもちろん「ギレンの野望」ですが、ガンダム関連の紹介や私がオススメするブログ・動画・書籍・ゲーム etc も随時紹介したいと思います。気の向くまま更新しております。お暇な時にでも御一読下さるとありがたいです。誤字脱字・矛盾・茶番劇多めです。(笑)

ブログ名『次世代』→『究極』に変更しました。特に意味はありません。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

    アクセスカウンタ

  LINK FREE BANNER

   オススメリンク集

      !?

 ⇩ご意見・ご要望はこちら⇩

名前:
メール:
件名:
本文: