雑談(改Ⅳ)

お盆休み突入ですね。 皆様いかがお過ごしでしょうか。
やっとネット環境が元に戻りました。長かったですね。体感的に1/10くらいの通信速度でしたね。ほんの10数年前にはこれくらいのスピードだったかと思いますが、もう耐えられませんね。(笑) 技術の進歩は素晴らしいと感じた反面、ハイテク機器への依存度が深刻だなと感じた次第です。

さて、長休み恒例?の、全編雑談したいと思います。
雑談と言いつつ、私のグチなのも、恒例。。
お見苦しい点が多々あると思います。ご了承下さい。

朝日新聞が機動戦士ガンダム版の新聞を発刊しました。

朝日新聞 機動戦士ガンダム版
買えた?朝日新聞そっくりの「ガンダム新聞」発売にファン歓喜!

公式で1面だけ無料公開されていますね。それにしても・・・・さすが朝日新聞(苦笑)
この画像を一目見たその瞬間に、キュピーン(恒例の(笑))ときましたね。

「なんでラストシューティングの写真載ってんの?
           そもそも、それ誰が撮影したん?」


と思いましたね。(苦笑)
連邦軍最高機密である『RX-78-2ガンダム』資料を簡単に軍が提供するとは思えませんね。
ココらへんの作り込みの甘さ。。。 流石と言っておきます。(^ ^;

第十三独立戦隊の巡洋艦に同乗したという本誌記者は、カメラを持参していなかったのかと(笑)
そこからの撮影したと仮定した写真を掲載していたら、もっとリアリティーは上がった事でしょう。
現場に同行せず、写真は使い回しで、想像で捏造記事を書く。いつもの朝日で安心しました。


記事自体の内容は、及第点ではないでしょうか。(もちろん、マスターアーカイブシリーズや往年のガンダムセンチュリーには足元にも及びませんが・・) そもそも新聞報道など、この程度のクオリティーが妥当なのではないでしょうか。ある意味、新聞情報の怪しさ(笑) 胡散臭さが全面にでていて読んでいて面白かったですね。(もちろん違う意味でですが(笑))  
流石に、ガンオタ達からの総指摘は凄まじかったですね。(笑)
架空の新聞だからとナメたんでしょうか。それとも元々この程度の記事力しかないのか? 指摘が色々とありますが、一つだけフォローしておきますと、表題の「一年戦争」呼称問題ですが、左下に「おことわり」として暫定的に、本紙では「一年戦争」と呼称するとあります。(そもそも一年戦争中に、その呼称使ってないだろ!的な指摘が多かったので、一応逃げは作っていたので一応報告まで。)

この朝日ガンダム新聞についてのネットでの意見一部抜粋してみました。
>なぜ連邦目線?朝日新聞の歴史を踏まえてジオン側で書くべきだろ。
>企画はいいと思うんだけど、よりによってその日に出すか?という感がぬぐえない。
>8月にそのネタやらなくてもいいのに。
>ガノタに媚び売るな。
>偽造・捏造ならお手の物。
>誤報が載って謝罪するまでが朝日新聞。
>右派・・・これだから売国朝日は。
>左派・・・よりによって原爆の日にこんなの出すなよ。
>ガノタ・・・色々おかしいぞ、ニワカ乙。

みなさん厳しいですなー(^ ^;



私なら、通常新聞形式にはせず「号外」としますね。
戦争終結という重大局面であれば、当然号外でしょうね。(笑)
号外版→通常版の流れがベストかと・・。
2~3枚記事で号外であれば、もっと良かったかもですね。
更には、号外(無料)としてガンダム展や秋葉原などで配布していれば、それこそ伝説になっていたかもしれませんね。(笑) 遊ぶなら徹底的にやって欲しかったですね。

天声人語のパロディーである宙声人語はなかなか良かったですね。
特に後半の憎しみを乗り越えて云々の下りが、朝日らしくてよかったですね。(もちろん皮肉ですが(苦笑))

【そして、最後に重大な事実が・・・】
これだけ酷評して、実はまだ・・購入していないという・・・(^ ^;
コンビニ探しまわりましたが、どこにも売ってなかったのです・・・。
ガンダム展には売られているという事なので、実際に購入してみます。
ネットで公開されている、1面だけで語る語る。(笑)

左派・右派・ガンダムファンの全方位から罵倒の限りを尽くされている・・らしいですが。これは致し方ありません。遊びとは言え、朝日の取材力、紙面構成力はこの程度ですと喧伝してるようなものですからね。その辺の諸事情もろもろも含めて「朝日新聞」らしいかと・・(^ ^ ;

なんだかんだで、話題にはなる。

コレこそ、メディアの思う壺・・(マ・クベの壺とかけてみました。)



【えんた行きまーす。】
では、明日(8/10)、ガンダム展に逝ってまいります。(`・ω・´)ゞビシッ!!

落日の朝日 再び

朝日新聞ガンダム版 再批判


朝日批判は、忘れたころにやってくる。(笑)
デジカメ写真を整理していたら、ガンダム展での未公開写真が色々と出てきました。
(;゚д゚)ェ. . 今頃・・(笑)
その中で、ネタとして購入していた。(笑) 朝日新聞ガンダム版』の内容を皆さんに紹介しようと思います。


ちなみに、題名からも分かる通り、批判一色となっています。(苦笑) 
大変お見苦しい内容となっております事をはじめにお断りしておきます。m(_ _)m

1面.jpg
1面は公式でネットでも公表されていましたので、すでに喧々諤々の議論が沸騰しておりましたので割愛します。(笑) 当ブログでも激しくツッコンでおりますので・・。それにしても、ラストシューティング誰が撮影したし・・・。



2面.jpg
そして、未公開の見開き2面。1面・テレビ面の次に力の入れた感があるページでしたが・・。如何せん、新聞記事ではなく、TV版ファーストガンダムの軌跡を掻い摘んで紹介しているだけのページ。目新しさ一切なし。(笑) イラストはもちろん描きおろしでもなく、既存のよく見かける画像の切り貼り。唯一、地球圏概略図は書き下ろしかもしれませんが、 週間ディアゴスティーニ版ガンダムで見たことのある感じでした。(検証するのも面倒なので留保しますが・) 


3面.jpg
見開き3面は過去のガンダム作品の紹介。今更感が・・。年代順に並んでいた点だけは評価します。(笑) あと、イグルーなどのOVAや更にマイナー(5分作品とか)も載せている点は良いかと思います。


4面.jpg
見開き3面に引き続き過去作の紹介。もはや新聞記事でもなんでもありません。(苦笑)


5面.jpg
ガンダム展行きましたああああああああああああ!!!(笑)
 

もはや呆れて・・こんな状態です→ ポカ─(´゚д゚`)―ン  (;゚д゚)ェ
現実の新聞紙も、2面を使ったインパクト重視の広告がありますが、それに習ったんでしょうか・・。一年戦争終結時の新聞と謳っておいて、現実時間の広告を載せるこのセンス。(苦笑) せめて、アナハイム・エレクトロニクス社の広告(もちろん想像広告)を載せるなどの配慮が欲しかったですね。今、手元にはありませんが、その昔「G2O ジー・ツー・オー」というマニアックな本がありました。表紙も中身も統一感のないブレブレの雑誌でしたが(笑) 濃い部分と薄い部分のさじ加減が絶妙だったと記憶しています。濃い部分に関しては「マニア以外はお断り」感が漂っていて、実に清々しい(褒め言葉)内容だったと記憶しています。薄い部分が今回の朝日新聞版と同じく、ペラッペラ(笑)だった為、ガンオタの評価は芳しくないみたいですが・・。
後年ですと『機動戦士ガンダム公式設定集 アナハイム・ジャーナル U.C.0083-0099』がコンセプトから内容まで、実に秀逸でした。アナハイム・エレクトロニクス社の機関紙との設定でガンダムの世界観、知の地平線を広げた優秀な書物でありました。機会がありましたら詳細を紹介するかもしれません。


6面.jpg
ガンプラの宣伝です。しかもHGのみ。そもそも、こんな新聞を購入する人々なら当然ガンダム好きな事でしょう。そんなガンオタに今更ガンプラのラインナップを紹介しても・・ね。(苦笑)


7面.jpg
右、ガンダム展の宣伝。左、富野由悠季監督のGレコについてのインタビュー。御大のインタビューは自作品を語るよりも、他の作品を批評しているのが面白いんですがね。自作品語りは、他のアニメ雑誌やその他雑誌で散々語っていますからね。特にGレコについての語りは特に興味ありませんね。おっと。失礼しました。(笑)


8面.jpg
右、バンダイ・ガンプラセンターの記事。ガンオタなら周知の事実であり、特に目新しい内容は無かったですね。バンダイ社員は連邦軍制服を模した作業服を着て作業しているとか、工場内で働くロボット車ザクシャアザクを模しているとか。
左、ガンプラビルダーズワールドカップ告知。これは電撃ホビーマガジン(現電撃ホビーWEB)ホビージャパン誌で宣伝するほうがふさわしい内容ですね。


テレビ欄.jpg
テレビ欄はそこそこ考えられて創られていましたね。1面と同じく新聞の顔ですからね。力を入れたのでしょう。中身にも力を入れて欲しかったですが・・。


総評

1面とテレビ欄だけ、表面と裏面だけ、体裁良く整える。中身ではなく、見た目のインパクトだけで売上を伸ばす。あれ、どこかで聞いたことのある商法だなっと。(笑)  小説でも漫画でもゲームでも映画でも良くある戦略ですよね。売れたもん勝ち。中身はなくても売れれば良い。そんな拝金主義が質の低下を招いているのでしょう。今回紹介した「朝日版ガンダム新聞」など、こんな内容で400円(税込み)しました。何部売れたのか知りませんが。。。我々消費者にも真贋を見抜ける「眼」を養いたいものです。ネタとはいえ、購入した私が言うのも説得力ありませんが・・・(^ ^;;
何の需要も無い内容で、しかもグチばっかりですみませんでした。m(_ _)m


    プロフィール

えんた

名前:えんた
年齢:ファーストガンダム世代
性別:♂

ギレンの野望 新作情報を待ちわびながら、究極のギレンの野望を夢見て、ただひたすら妄想を繰り返すブログです。メインはもちろん「ギレンの野望」ですが、ガンダム関連の紹介や私がオススメするブログ・動画・書籍・ゲーム etc も随時紹介したいと思います。気の向くまま更新しております。お暇な時にでも御一読下さるとありがたいです。誤字脱字・矛盾・茶番劇多めです。(笑)

ブログ名『次世代』→『究極』に変更しました。特に意味はありません。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

    アクセスカウンタ

  LINK FREE BANNER

   オススメリンク集

      !?

 ⇩ご意見・ご要望はこちら⇩

名前:
メール:
件名:
本文: